在宅ワーク

副業で使うクラウドソーシングサービス、大手以外に登録するなら「Bizseek」がおすすめ!

投稿日:

副業で使うクラウドソーシングサービス、大手以外に登録するなら「Bizseek」がおすすめ!

 

クラウドソーシングサービスの大手と言えば、「ランサーズ」「クラウドワークス」なので、このふたつは、すでに登録をしている人が多いのではないかと思います。

では、大手以外に登録をするとしたら、どこのサービスがおすすめなのでしょうか?

今回は、クラウドソーシングサービスの「Bizseek」をおすすめする理由と、サービス内容についてご紹介します。

 

副業で、クラウドソーシングサービスをすすめる理由

 

「クラウド(不特定多数)」「ソーシング(業務を依頼する)」の単語を組み合わせた「クラウドソーシングサービス」は、仕事を依頼したいクライアントと、仕事を受注したいワーカーをつなぐサービスです。

副業をするのなら、クラウドソーシングサービスに登録をして、仕事を受けることをおすすめします。

クラウドソーシングサービスを利用することで、支払いの不安を感じることなく仕事ができます。また、クライアントが発注した大きな案件を、クラウドソーシングサービスが細かくしてワーカーに提供してくれるので、自分がやりやすい量の仕事をすることができます。

新しい働き方としても注目されている、クラウドソーシングサービスは、ウェブ環境とパソコンさえあれば、時間や場所にとらわれずに働くことができます。

自分の空いた時間、自分のペースで、自分がやりたい量の仕事をこなせるので、副業向きです。

また、システム開発やデザインができなくても、「アンケートへの回答」や「文章の作成」で収入を得ることができます。

文章の作成と言っても難しいものや専門的なものではなく、普段よく目にするような、サイトやブログの記事作成代行がメインです。

 

Bizseekなら、1,000件以上の案件があるので、自分ができる案件を探しやすい

 

大手のクラウドソーシングサービスでは、5,000件や1,000,000件以上の案件があります。

Bizseekは案件自体の数が1,000件程度と少ないですが、登録会員数も少ないので、自分がやりやすい案件を見つけたときに、ライバル数が少ないというメリットがあります。

かといって、案件数自体が少なすぎると話になりませんが、Bizseekでは1,000件以上の案件があるので、登録しておいてチェックする価値はあります。

副業で安定して稼ぎたいなら、クラウドソーシングサービスは、複数登録しておいた方がいいです。大手の他であれば、Bizseekの登録をおすすめします。

 

初心者でもわかりやすい、システム利用手数料

 

クラウドソーシングサービスでは、基本的にワーカー(仕事をする人)がシステム手数料を負担します。

ほとんどのサイトで、合計金額によってシステム手数料のパーセンテージが変わります。

Bizseekでも金額によってパーセンテージが変わりますが、Bizseekのシステム手数料は、他のクラウドソーシングサービスに比べて、簡単で分かりやすいです。

10万円以下の部分に対して10%、10万円を超えた部分に対して5%

と、とても分かりやすい料金体系ですよね。

 

Bizseekの、報酬支払いについて

 

Bizseekでは、毎月2回の締め日があります。

15日に締めた金額は末日払い、末日に締めた金額は翌15日払いです。

未出金金額が3,000円以上から支払われます。

初期設定はキャリーオーバー方式になっているので、出金したいと思ったら、銀行口座を登録して、自動出金方式に切り替えましょう。

振り込み1回ごとに、振込手数料がかかります。楽天銀行は108円、他の銀行は540円です。

副業で働くのなら、大手のクラウドソーシングサービスだけではなく、穴場になるようなサイトにも登録することをおすすめします。

Bizseekは案件数も多めですし、サイト自体も信頼性が高いので、登録しておいて、定期的に案件をチェックするのがおすすめです。

-在宅ワーク

Copyright© Trendia , 2019 All Rights Reserved.