東京オリンピック

東京オリンピック2020の新競技『スケートボード』がめっちゃ熱い!期待の若手選手を紹介!

投稿日:

新競技・スケートボードが、東京オリンピックをより熱くする!

 

いよいよ来年が開催年になり、チケットの販売も始まった、東京オリンピック!

皆様はどの競技に注目していますか?

私が注目しているのは、『スケートボード』です。今、期待されている若手選手が多く、注目を集めている競技です!

スケートボードとはどのような競技で、どのような選手がいるのでしょうか。

スケートボードは、東京オリンピックで初めて正式種目となった競技です。

スケートボードには、街を模したコースを走る、『ストリート』。窪地上のコースを走る、『パーク』。

以上の2種目があります。

私がこの競技を知るきっかけになったのは、スノーボードハーフパイプの銀メダリスト、平野歩夢選手が東京オリンピックに出場する可能性がある、というニュースを見たからです。冬のオリンピックでも、夏のオリンピックでも、メダルを獲得する!という快挙に期待がかかります。

また、最近では、12歳の岡本碧優選手が、世界最高峰の大会『デュー・ツアー』で優勝したというニュースも飛び込んでまいりました。

さらに、同大会、同種目で10歳の開心那選手が3位入賞を果たしました。

これにより、パーク女子の東京オリンピック出場枠をかけた争いが激化することが想定されます。

さて、ここからは東京オリンピック出場を掴みとりそうな選手を種目別にご紹介していこうと思います。


東京オリンピックメダル候補! ストリート編

 

男子ストリートの中で東京オリンピック、金メダル最有力候補とも言われているのは、堀米雄斗選手でしょう!

彼は、世界最高峰と呼ばれるプロリーグ『ストリートリーグスケートボーディング』で、3連覇を果たしています。軽やかで、優雅なスケーティングをする選手です。


次に私が視線を向けたのは、池慧野巨選手。

日本選手権優勝経験者で、アジア大会でも優勝している選手です。動画を見ましたが、リアルストリートでの滑りも迫力がありますし、なによりもトリックのキレに定評があります。

女子ストリートの選手といえば、最初に思いつくのは西村碧莉選手です。

2017年には、X-ゲームのストリート部門で、日本人初の優勝を経験している、西村碧莉選手。テレビや雑誌など、メディアで何度も取り上げられるほどのかわいらしいルックスと、実力を兼ね備えています。

また、織田夢海選手にも関心を寄せています。

小学校6年生のときに、国際大会の14歳以下の部で優勝。また、2019年には日本オープン・ストリート選手権で3位。まだ12歳なので、将来も期待できますね。


東京オリンピックメダル候補! パーク編

 

男子パークの候補として、私が最初にあげたいのは、やはりスノーボード選手でもある平野歩夢選手です。第3回日本スケートボード選手権で優勝し、一気に頭角を現してきました。

彼の武器はなんといっても、技を決めるときの、滞空時間の長さと言われています。

次に惹き付けられたのが、笹岡健介選手です。

2018年のアジア大会で優勝したという実績を持っています。高さのある空中技を得意としている、笹岡健介選手。一部では、平野歩夢選手のライバルとも言われています。


女子のパークで注目を集めているのが、先程も紹介した、岡本碧優選手です。

五輪予選対象大会である『デュー・ツアー』で優勝するなど、今一番勢いのある選手と言えるのではないでしょうか。小学生の頃から親元を離れ、笹岡健介選手の実家に下宿し実力を身に付けてきたそうです。小学生の頃から親元を離れて修行を積むというところに、彼女の本気さが感じられます。


2019年のスケートボード・日本選手権で優勝した、開心那選手も、当然注目されています。

5歳の頃からスケートボードをしており、グラインド技を得意としている選手。まだ10歳という若さもあるので、東京オリンピックだけでなく、その先も注目できる選手だと思います。


いかがでしたか?

私の注目はなんといっても平野歩夢選手が冬、夏、両方の五輪でメダルを獲得できるのか、というところです。若手選手の活躍が期待される、東京オリンピックスケートボード競技。これからさらに熱くなりそうですね。

-東京オリンピック

Copyright© Trendia , 2019 All Rights Reserved.