東京オリンピック

東京五輪のチームリーダー?!外野手「青木宣親」

投稿日:

東京五輪のチームリーダー?!外野手「青木宣親」

 

日本を代表する安打製造機「青木宣親」。
今シーズンはここまで打率.29912本塁打、43打点、OPS.853で東京ヤクルトスワローズの3番を務めています。
37歳のベテランでありながら、近年、素晴らしい成績を残しており、東京五輪ではチームリーダーとして代表入りすることも十分にあり得るでしょう。
この記事では、日本が優勝するためのキーマンの1人、「青木宣親」の実績やプレイスタイルについて解説していきます。

 

東京五輪チームリーダー候補「青木宣親」

 

東京ヤクルトスワローズ 背番号23 青木宣親
ポジション:外野手
投打:右投げ左打ち
身長/体重:175㎝/80
生年月日/198215日(37歳)
ドラフト:2003年ドラフト4巡目

青木宣親選手は、在籍する東京ヤクルトスワローズで上位打線を担い、リードオフマンとしてチームを引っ張っています。
彼は日本球界最高峰のミート力を備えており、今年はすでに100本(7/26時点)ものヒットを放っています。
さらに、選球眼もいまだ衰えることなく、今シーズンはここまでで48個もの四球を選んでいます。(昨シーズンの四球数51)
高いミート力、高い選球眼、ベテランということで経験も豊富な青木宣親選手の東京五輪日本代表入りはほぼ確実と言えるでしょう。

青木宣親選手のこれまでの実績を振り返っていきましょう。

 

東京五輪日本代表のリードオフマン「青木宣親」の実績

 

主な通算成績と表彰は下記のとおりです。

通算成績(NPB
・打率.327
・安打数 1546
・本塁打数 106
・出塁率 .402
・長打率 .457
OPS .859
・得点圏打率 .333

タイトル
・首位打者:3回(2005年、2007年、2010年)
・盗塁王:1回(2006年)
・最高出塁率:2回(2007年、2009年)
・最多安打:2回(2005年、2006年)

表彰
・新人王(2005年)
・ベストナイン:7回(外野手部門:2005年~2011年)
・ゴールデングラブ賞:6回(2006年~2011年)
・オールスターゲームMVP2回(2006年第1戦、2009年第1戦)

日本プロ野球では通算打率.3277/26時点)で歴代1位の記録を持っています。日本が代表する安打製造機といっても過言ではないでしょう。
今シーズンも存在感を示しており、常に2番や3番といった上位打線を打っています。高いミート力は37歳ながらも健在です。

メジャーリーグでも毎年打率.270.290の間を打っており、外国人投手特有の動くボールにも対応することができる対応力も兼ね備えています。
さらに、2009年のWBCでは打率.324をマークしており、世界大会でも力を発揮できるということが立証されています。
東京五輪でも活躍が期待される注目選手の1人です。

 

東京五輪正外野手候補「青木宣親」の特徴

 

打撃面では、ミート力が非常に高く、日本投手の綺麗な球はもちろん、外国人投手のクセ球に対しても3割近い打率を残すことができます。
今シーズンは打率.2997/26時点)の成績を残しており、セ・リーグ最下位の東京ヤクルトスワローズを引っ張っています。
東京五輪では1.2番を打つことも十分に考えられるでしょう。世界大会では知らない投手と戦うことになるので、メジャーリーグで培った青木宣親選手の経験が重要になります。
青木宣親選手は過去に外国人投手のクセ球に苦戦して打撃フォームを変えていたので、正しい打ち方を他の打者に教えることで、試合に出場しなくても、打撃面でチームに貢献することができるでしょう。

守備面ではスピードを活かした守備範囲の広さが持ち味で、日本プロ野球では、6度ゴールデングラブ賞に選出されています。
肩はそれほど強くないですが、正確な送球をすることができ、2006年、2007年と2年連続で300刺殺以上を記録しています。

走塁面に関しては2006年に盗塁王を記録しています。
しかし、近年では盗塁数が徐々に減り、今シーズンの盗塁数は1としています。
采配次第では上位打線ではなく、下位打線に青木宣親選手を置いて上位打線に繋ぐ役目を担わされるかもしれません。

 

まとめ

 

青木宣親選手のメジャーリーグでプレイした経験は非常に大きいです。東京五輪では、外国人投手に苦しめられることになるのは間違いないので、若い選手に打ち方のコツなどを伝えてほしいですね。
試合に出場しなくても、ベンチに居るだけでチームに貢献することができる貴重な存在なので、今シーズンが終わるまで調子を維持してほしいですね。

-東京オリンピック

Copyright© Trendia , 2019 All Rights Reserved.