東京オリンピック

東京五輪の4番候補!内野手「岡本和真」

投稿日:

東京五輪の4番候補!内野手「岡本和真」

 

日本を代表する若き大砲「岡本和真」。
今シーズンはここまで打率.25921本塁打、65打点、OPS.797と昨年に比べて見劣りするもののまずまずの成績で、読売ジャイアンツでは主に4番を務めています。
弱冠23歳ながらも、昨年は素晴らしい成績を残しており、東京五輪で4番を務めることも十分にあり得るでしょう。
この記事では、日本が優勝するためのキーマンの1人、「岡本和真」の実績やプレイスタイルについて解説していきます。

 

東京五輪4番候補「岡本和真」

 

読売ジャイアンツ 背番号25 岡本和真
ポジション:内野手
投打:右投げ右打ち
身長/体重:185㎝/96
生年月日/1996630日(23歳)
ドラフト:2014年ドラフト1

岡本和真選手は、在籍する読売ジャイアンツの第89代目4番打者を担い、打線の主軸としてチームを引っ張っています。
彼は日本人離れしたパワーを備えており、昨年は、プロ野球史上最年少となる330100打点を記録しました。
将来、日本を代表する打者になると予想される岡本和真選手の、東京五輪日本代表入りはほぼ確実と言えるでしょう。

岡本和真選手のこれまでの実績を振り返っていきましょう。

 

東京五輪日本代表の若き大砲「岡本和真」の実績

 

主な通算成績と表彰は下記のとおりです。

通算成績(NPB
・打率.281
・安打数 284
・本塁打数 55
・出塁率 .364
・長打率 .489
OPS .853
・得点圏打率 .301

記録
330100打点:プロ野球最年少記録
100打点:プロ野球最年少記録

2018年シーズンから1軍戦に出場し、330100打点を達成しました。
今シーズンは打率こそ伸び悩んでいるものの、持ち前の長打力は健在で、本塁打数は21本をマークしています。
まだプロ5年目なので、近年のような活躍を今後も継続することができれば、偉大な記録を残すことも可能な選手です。
東京五輪でも活躍が期待される注目選手の1人です。

 

東京五輪一塁手候補「岡本和真」の特徴

 

打撃面では、長打力が非常に高く、バットに当たれば強烈な打球を放つことが出来る打者です。
今シーズンは本塁打数21本、長打率.4598/11時点)の成績を残しており、セ・リーグ首位を争う読売ジャイアンツを打撃で牽引しています。
読売ジャイアンツの首脳陣からは、天才型の選手と称されており、スイングバランスやボールに対しての力の伝え方が良く、強打者としての雰囲気を持っている選手と言われています。
入団してから3年間はプロの投手に苦戦しましたが、2軍戦で経験を積み、1軍レベルの投手に対応できる打者へと成長しました。
岡本和真選手は、他の長距離打者と比べて、右方向に打つことができる打者なので、チームバッティングもこなすことができると言えます。
東京五輪では高い打撃力を活かして、日本打線の4.5.6番辺りを担うことになるでしょう。
球の威力が高い外国人投手の敵に対しても、力負けしない打撃を見せてくれるはずです。

 

守備面では、主に一塁手、三塁手を守っています。
2018
年シーズンは、阿部慎之助選手からレギュラーの座を奪い取り、試合に出場し続けました。
打撃力を買われた結果だと思いますが、守備力に関しても特に問題は無いということでしょう。
一塁手は、意外にも遊撃手の次に難しいと言われているポジションなので、東京五輪では打撃に集中できるようにDHとして出場することになるかもしれませんね。

 

まとめ

 

岡本和真選手は、まだ23歳なので将来の日本代表のことも考えて、東京五輪を経験するべきだと思います。
近年のシーズンの成績を考えても、日本代表に選出されることは妥当だと言えます。
何より、本塁打はチームを盛り上げることができるので、日本の若き大砲の1発に期待したいですね。

-東京オリンピック

Copyright© Trendia , 2019 All Rights Reserved.