東京オリンピック

東京五輪エース候補!日本を代表する投手「菅野智之」

投稿日:

東京五輪エース候補!日本を代表する投手「菅野智之」

 

日本を代表する投手「菅野智之」。
今シーズンはここまで17試合に登板し、85敗、防御率3.90WHIP1.24と、パッとしない成績ですが、彼の実力は球界1と言われています。
おそらく、東京五輪では先発1番手最有力候補といっても過言ではないでしょう。
この記事では、日本が優勝するためのキーマンの1人、「菅野智之」の実績やプレイスタイルについて解説していきます。

 

東京五輪エース候補「菅野智之」

 

読売ジャイアンツ 背番号18 菅野智之
ポジション:投手
投打:右投げ右打ち
身長/体重:186㎝/95
生年月日/19891011日(29歳)
ドラフト:2012年ドラフト1

菅野智之選手は、在籍する読売ジャイアンツで先発1番手を担っており、今シーズンも2年連続5度目の開幕投手を務めています。
昨年は、史上5人目となる2年連続沢村賞を受賞しており、日本を代表する投手と言わざるを得ないでしょう。
なので、東京五輪の日本代表でも先発1番手を務める可能性は大いにあるでしょう。

読売ジャイアンツのエース、菅野智之のこれまでの実績を振り返っていきましょう。

 

東京五輪先発1番手候補「菅野智之」の実績

 

主な通算成績と獲得タイトル、表彰は下記のとおりです。

通算成績
・防御率 2.33
8446

タイトル
・最多勝利:2回(2017年、2018年)
・最優秀防御率:4回(2014年、2016 - 2018年)
・最多奪三振:2回(2016年、2018年)
表彰
・沢村賞:2 2017年、2018年)
・最優秀選手:1 2014年)
・ベストナイン:3 2014年、2017年、2018年)
・ゴールデングラブ賞:3 (投手部門:2016 - 2018年)
・最優秀バッテリー賞:2 2014年、2017年)
・最優秀バッテリー賞特別賞:1 2018年)

記録
1000奪三振:史上148人目
・投手三冠王:1 2018年)史上19人目
・クライマックスシリーズノーヒットノーラン:CS史上初、PS史上初
・開幕投手:5回(2014 - 2016年、2018年、2019年)

菅野智之選手は、数々のタイトルを獲得している選手です。
特に、2年連続沢村賞を受賞する投手は、何年もの歴史を振り返ってみても数えられる程度しかいないので、現球界の中でもトップクラスの投手であることは間違いありません。
開幕投手を5度も務めており、読売ジャイアンツ不動のエースと言えるでしょう。

さらに、2017年のWBCでは、当時の日本代表の監督である小久保裕紀氏からエースと指名されています。
そして、まずまずの成績を残しました。
世界大会でも力を発揮できることも実証されており、東京五輪でも活躍が期待されます。

 

東京五輪日本代表濃厚「菅野智之」の特徴

 

スリークォーターから最速157km/hのストレートを投げることができる本格派投手です。
持ち球はスライダー、シュート、ツーシーム、カーブ、カットボール、フォーク、真っスラで、とくにスライダーがキレのある良質なボールです。
コントロールが非常に良い投手で、制球力を示す与四死球率やK/BBは、いずれも球界トップクラスの数値を維持しています。
菅野智之選手は完投率が非常に高い投手です。その理由はコントロールが良いため、無駄球が少ないといったことから完投率が高くなっているのでしょう。
東京五輪では球数制限があると予想されるので、菅野智之選手のような球数が多くならない投球ができる投手は、国際大会では重宝されます。

 

まとめ

 

菅野智之選手が東京五輪日本代表に選ばれた際は、日本のエースとしてチームを牽引してほしいですね。
今シーズンは不調でありながら、エースとして最低限の役割を果たしているので、東京五輪でも役割を果たしてくれることが期待できます。

-東京オリンピック

Copyright© Trendia , 2019 All Rights Reserved.